コミュニケーションを取ることの目的や効果ってそもそもなに?

自分づくりと人間関係
スポンサーリンク

誰もが一度は耳にしたり、口にもしたことがある「コミュニケーションを取る」という言葉ですが、その目的や効果とはどのようなものなのでしょうか?

何かと「コミュニケーション能力の向上」に注目が集まりがちですが、この記事ではより基本的な「コミュニケーションを取る」ことの目的と効果について解説をしていきたいと思います。

目的や効果が明確になれば、日々のコミュニケーションへ向き合う姿勢もより積極的になっていくはずです。

この記事を書いた人
しまもと

法政大学スポーツ健康学部准教授 / 工学部出身の心理学者 / 専門は自分づくりを支援するライフスキルコーチング / 20年にわたる活動の成果をもとに 「理想の自分を実現したい!」と願うすべての日本人へ届ける気概と熱意で執筆中

しまもとをフォローする
スポンサーリンク

「コミュニケーションを取る」とは

「コミュニケーションを取る」を簡単に表現すれば、「自分と他者との言語的なやりとり」ということができます。

厳密には非言語的なやりとりも含まれますが、ここでは話を簡単にするために言語的なものに焦点を当てています。

例えば、簡単なものとしては、「おはようございます」、「こんにちは」、「お疲れさまでした」といった挨拶が挙げられます。

この日常の挨拶を浅いコミュニケーションとすれば、あるテーマについての意見交換やディスカッション深いコミュニケーションということになると思います。

この中間にあたるコミュニケーションを挙げるとすれば、友人や同僚等との他愛もない雑談(情報交換)といったところになるでしょうか。

 

そして、このようなコミュニケーションを円滑に(負担を感じることなく)行うために必要な技能がコミュニケーションスキルと呼ばれるものです。

コミュニケーション自体は仕事の成果やプライベートの充実度に大きく影響してくるため、多くの人がこのスキルのレベルアップに興味・関心を示されているのだと思います。

 

スポンサーリンク

コミュニケーションを取ることの目的

ここでは6つの視点から目的について説明していきます。

 

目的1 : 社会の中で生きていくため

まず、私たち人間は社会的な生き物であるため、無人島で一人で生活をしない限り、日々生きていくためには人とかかわる必要があります。

学校に通ったり、買い物をしたり、行政的な手続きをしたり、パートナーや友人らとの関係を深めたりと、気が付けば毎日誰かと話を交わしているはずです。

また、自らに課せられた職務を全うしながら、経済的に自立していくためにも、周囲の人とのコミュニケーションは欠かすことができません。

誰かの支えになったり、または支えてもらったりと、私たちは周囲の人々とコミュニケーションを取りながら、社会の中で「相互補完的に生きる」ということを体現しています。

目的2 : 活動先の環境づくり

多くの人にとって、自宅は居心地の良い空間だと思います。お気に入りの家具を揃えたり、雑貨を置いたりと、快適に過ごせる環境づくりが趣味の方もいるでしょう。

では、学校や職場といった自宅外の活動先においても、居心地が良い環境づくりを行っていくためにはどうすれば良いでしょうか。

その役割を果たしているのが、まさに周囲の人との日頃のコミュニケーションです。他者との良好な人間関係は、その場での活動のしやすさに間違いなく直結しています。

 

また、人間関係をはじめとした自分を取り巻く環境は、勉強や仕事等で優れたパフォーマンスを発揮していく上で、重要な役割を果たしているといっても過言ではありません。

コミュニケーションが望ましいものであればあるほど、よりパフォーマンスを発揮できる環境づくりが実現していくカタチです。

では、どのようなコミュニケーションが望ましいのでしょうか。例えば、「社会人としてのマナーが遵守できている」や「信頼関係の構築につながる誠実な対応ができている」といった感じになると思います。

 

関連記事はコチラ

マナーを守ることの意味やメリットをわかりやすく詳しく解説します!
マナーを守る・守らないは個人の意思に委ねられていますが、結論からいえばマナーは守る方が本人のためになるといえます。なぜ、そのような結論が導かれるのでしょうか? 今回は身近なテーマであるマナーとは何かを振り返りながら、マナーを守る意味や...
信頼関係を築く力16選|信頼関係構築力の実態はコミュニケーション能力
私たちの誰もが周囲と円滑な人間関係を構築したいと願っています。そして、そんな良好な関係の基盤にあるのが「信頼関係」です。特にビジネスの分野では信頼関係の有無は業績に直結するといっても過言ではありません。 この記事では、学校や大...

 

目的3 : 不安を解消する

人はわからない知らないという不完全な状態にあることで不安が喚起されるところがあります。

そのため、私たちは他者とコミュニケーションを取ることで必要な情報を収集し、その不安の解消に努めています。例えば、どこどこまでの道のりを誰かに尋ねたりする形ですね。

私は学生の頃、新宿駅でいきなりアジア系の外国人に英語で道を尋ねられ、まごまごして焦っていると『もういいです』と呆れたような反応を示し、去っていってしまいました。

きっと、とても急いでいたんですね(と思いたいです)。

 

カテゴリー:自分づくりとストレス

不安をポジティブな表現に言い換える|力が湧いてくる8つの言い換え例
私たちが日ごろ抱く感情の一つに不安があります。 適度な不安であればそれほど問題はないですが、時にその不安が大き過ぎると、行動が抑制され、一日中気持ちが落ち込んでしまうこともあるのではないでしょうか。 そのような状況を早期に改善す...

 

目的4 : 問題を解決する

あなたは仕事をはじめ、日々の生活の中で何か問題が発生した時、一人で解決しようとする方ですか?

自力で解決を目指そうとする人もいると思いますが、多くの場合は周りに協力を求めようとするはずです。

それはなぜか?自分一人よりも複数人で対応した方が上手く対処できる可能性が高いからです。

同様のトラブルを既に経験している人がいれば適切なアドバイスがもらえますし、専門的な知識を持つ人がいれば、より効果的な解決策を提案してもらうことができるでしょう。

つまり、問題解決能力が高いとは、いざという時に力になってくれる人間関係をどれだけ構築できているかと言い換えることができそうですね。

 

 

目的5 : チーム内のまとまり・一体感を高める

学校であればクラス、部活動であればチーム、そして社会人であれば職場の部署といったように、私たちは常に何かしらの集団(チーム)に所属しています。

その場合、一人ひとりのパフォーマンスやチーム全体としてのパフォーマンスは、その集団内の雰囲気に影響されるところがあります。

それがまとまり・一体感のある望ましいものであれば、チーム全体、さらに個々人のパフォーマンスは最大限発揮され、雰囲気がぎすぎすした荒んだものであれば、パフォーマンスも逆の結果になります。

このようなチームのまとまり・一体感を高めるためには、まず、メンバー間の相互理解を深めていくことが大切です。

そしてその場合、「コミュニケーションを取る」ということの最大の目的は、チーム内のまとまり・一体感を高めるということになってきます。

 

カテゴリー:自分づくりと人間関係

チームの成長がチームワークを高める!7つのポイントを重要度別に解説
チームで活動する限り、誰もが「チームワーク」を発揮したいと思うはずです。この記事では、記憶に残る体験にもなるチームワークを高めるためのポイントについて解説をしていきます。 結論からいえば、「チームの成長がチームワークを高める」...

 

目的6 : アイディアを創出する

あなたはあるテーマについて何かアイディアを思いつきたい場合、一人で黙々と考える方ですか?それとも誰かと一緒に考える方ですか?

時と場合に応じて、どちらの方法を選択してもいいと思いますが、思いもよらないアイディアが生み出される可能性が高いのは、後者の方ではないかと思われます。

私たちは想像以上に個々の物事への感じ方・考え方等に個人差が見られます。もちろん、ある程度共通する部分もあると思いますが、よく確認してみると異なる部分の方が多いのではないでしょうか。

そんな多様な特徴を持つメンバーが自らのアイディアをもとに意見交換をし、刺激を与え合うことで、時に斬新なアイディアが生み出される可能性があります。

このようなグループディスカッション等の形式でメンバー間でコミュニケーションを取ることの目的は、アイディアの創出となってきます。

 

また、アイディアの創出には個々のメンバーの頭脳も大切ですが、「マンダラチャート」という日本人が開発したシートも大変有効です。

マンダラチャート自体は野球の大谷翔平選手が高校生の頃に使用していたということで現在注目を浴びているものです。

興味・関心のある方は以下の「関連記事」もぜひご覧になってみてくださいね。

カテゴリー:自分づくりと目標設定

大谷翔平選手も実践!マンダラチャートの作り方と効果倍増の6つの気づき
かつて大谷翔平選手も実践していた「マンダラチャート」。この目標達成シートは、実はあなたにさまざまな気づきをもたらしてくれます! マンダラチャートは自らが望む大きな目標を達成するために必要な、多数の小さな目標を比較的スムーズに導き出すこ...

 

スポンサーリンク

コミュニケーションを取ることの効果

つづいて、効果については以下の4つの視点から解説していきます。

 

効果1 : コミュニケーション能力の向上につながる

私たちは複数のコミュニケーションスキルを用いながら、相手と意思疎通を図っています。最初に挨拶をし、相手の様子によっては質問をし、そして、相手の話を傾聴し、時に大きく頷いたりしています。

ちょっと難しい表現ですが、相手とのコミュニケーションを成立させながら、同時に個々のコミュニケーションスキルを練習し、そのスキルアップを図っているともいえます。

このような見方をすれば、多様な他者とコミュニケーションを取ることは、自身のコミュニケーション能力の向上につながっていると考えられます。

その効果をより高めようとするのであれば、普段あまり会話をしていない(慣れていない)人と積極的にコミュニケーションを取るようにすると良いと思われます。

 

カテゴリー:自分づくりと人間関係

コミュ力上げる・鍛える方法13選!グループワークの場で意識したいこと
コミュ力、すなわちコミュニケーション能力は生まれつき備わったものではなく、練習や訓練を通じて身につけていくことができるため、コミュニケーションスキルともいわれます。 近年、この『コミュニケーション能力を高めたい』『コミュ力を上げたい』...

 

効果2 : 相互理解が深まる

私たちはコミュニケーションを取ることによって、その相手とさまざまな情報のやり取りを行います。

それらやりとりされる情報には、時にプライベートなものも含まれます。誕生日や年齢、血液型(性格)、趣味や特技、好きな食べ物、生活習慣などなどです。

そのような個人情報のやりとりは、コミュニケーションの活性化をさらに促す相互理解につながっていきます。

先の「コミュニケーションを取る目的」においても少し触れましたが、この相互理解は、チームのまとまり・一体感を高めていく上で非常に重要な役割を果たしています。

日々コミュニケーションを取ることによって、相手との相互理解は徐々に深まっていくといえますが、チーム全体へ積極的に働きかけを行うことによって、メンバー間の相互理解を早い段階で深めていこうとする方法もあります。

その代表格として挙げられるのが「他己紹介」です。一般にアイスブレイクやゲームとして実施されていますが、その主な目的は相互理解の深化であるといっても過言ではありません。

 

他己紹介に興味・関心のある方は、ぜひ以下の「関連記事」もご覧になってみてくださいね。

カテゴリー:自分づくりのプログラム

他己紹介のやり方がよくわかる【質問例50】環境・雰囲気づくりに最適!
私たちは小学校に中学校、高校のそれぞれにおけるクラス、大学、部活動、アルバイト、仕事等と、常に何らかのチーム(集団)に所属し活動しています。 チームの活動である以上、そこでは一人ひとりのチカラに加え、チームとしてのパフォーマンスやチームワ...

 

効果3 : 自己理解が深まる

コミュニケーションを取ることによって、相手と自分との違いに気づくことがあります。例えば、これまでの経験や好き嫌い、興味・関心(趣味)、価値観、生活習慣等、挙げればまだまだありそうです。

そこで浮かび上がってくる相手と自分との違いは、自らが有している特徴を改めて認識するということを促してくれます。

自分一人ではなかなか分からなかったことも、他者とコミュニケーションを取ることによって気づかされるという形です。

また、自分の特徴に対してフィードバック(感想やコメント、アドバイスなど)をもらうことができれば、その自己理解はさらに促されることが期待されます。

 

カテゴリー:自分づくりと自己理解

自己理解とは【図解あり】自己理解を深める方法とその必要性を簡単に解説
自己理解とは何かを簡単に表現すれば、ブレない自分を実現する自分軸を形成する作業ということができます。 この記事では、自己理解を深める方法やその必要性についてわかりやすく解説をしていきます。 いまの時代、お金を払ってでも深めたいと...

 

効果4 : 考える力の向上につながる

考える力とは思考力とも表現できるもので、必要以上に他者に頼らず、自分で多様な物事について考えることができる力といえます。

考える力が発揮されている様子を具体的に言語化してみると、ある一つの結論に達するために、多様なアイディアの採否が検討されるといった感じになります。

例えば、身近な話題として「今日の夕食メニューを考える」を挙げてみます。そして、最も満足できるメニューを導き出すために、以下の多数の視点を用意してみました。

  • ここ数日夕食で食べたもの
  • いま身体に必要な栄養素
  • いまが旬の食材
  • 最近知ったおススメレシピ
  • 冷蔵庫にある食材
  • いまスーパーでお得に購入できる食材
  • 今月の食費の残高
  • 近所の美味しいレストランで思い切って外食 など

 

ここでは8つの視点を挙げましたが、この視点が豊富にあるほど、より深い思考が展開されるということになり、考える力のトレーニングにもつながることが期待されます。

つまり、考える力を高めていくためには、考える視点がどれだけ自分の中にあるか、すなわち、考え方の幅を広げていくことが大切になってきます。

この考え方の幅を広げるという点において、他者とのコミュニケーションは重要な役割を果たしています。

なぜなら、あるテーマについて相手と意見交換を行うことによって、自分にとって新しいアイディアに触れられる可能性があるからです。

自分にとって新鮮な考え方は、あなたの思考を刺激し、きっとその幅を広げてくれるはずです。

 

カテゴリー:自分づくりと思考

思考停止とは|その状態を招く6つの原因と思考を活性化させる方法5選
『思考停止してる』とは、ネガティブな人物評価の際に使われる表現の1つです。なぜ、思考停止がそのような評価につながるのでしょうか? その理由は、思考停止とは簡単にいえば自分の頭で考えていないということであり、その様子からは非学習的、非自...

 

スポンサーリンク

まとめ

あなたが社会人の場合、コミュニケーション能力の向上は仕事での成果に直結してくることなので、非常に重要な検討課題であると思います。

一方で、コミュニケーションを取ることの目的や効果を考えるというのは、例えば、「多くの時間を割いて勉強をする目的やそれによって得られる効果を考える」ということと同じではないでしょうか。

基本的なことのようですが、実は当該活動への動機づけに大きく影響する部分かもしれません。

今回の記事をきっかけにして、私自身も勉強をする目的と効果について改めて考えてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました