【人間力とは】人間力は『目標設定』を通して高めることができる!

自分づくりの多様な視点
スポンサーリンク

 

人間の成長を表す言葉としてたびたび用いられる人間力。誰もが一度はこの言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ある人物の評価を決めるものは、専門的な知識や技能、パフォーマンスではなく、最終的には人間力であるといわれます。

 

 

では、人間力とは具体的にどのような能力なのでしょうか?また、人間力はどうすれば高めていくことができるのでしょうか?

今回はこの人間力の実態に迫っていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

人間力とは

 

実際のところ、人間力自体は多様なとらえ方がなされており、「人間力とは何か」を正確に説明することは容易ではないと思います。

ですが、2003年に出された内閣府の人間力戦略研究会の報告書の中で、人間力は以下のように定義されています。

社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力

◆―関連情報―◆ 内閣府「人間力戦略研究会報告書」

 

そして、以下の3つの要素から人間力は構成されると報告書は示しています。

  •  知的能力的要素 … 論理的思考力や創造力など
  •  社会・対人関係力的要素 … 他者を尊重し切磋琢磨しながらお互いを高め合う力など
  •  自己制御的要素 … 意欲、忍耐力、自分らしい生き方や成功を追求する力など

 

要約すると、クリエイティブに物事を考えながら、社会の一員として多様な他者と効果的にかかわり、自らが望む目標を達成していくことができる力、と説明することができるのではないでしょうか。

以上の内容は行政側から提示されているものとして、人間力をとらえる際の一つのモデルになると考えられます。

 

 

スポンサーリンク

人間力と生きる力との違いは?

 

人間力に類似する能力として、同じく行政側(文部科学省)から提示された生きる力を挙げることができます。両者の違いは何なのでしょうか?

 

 

この点については、上記の報告書の中で研究会座長の市川伸一氏により以下のように言及されています。

文部科学省は、近年の教育改革の中で、自ら学び、自ら考える力などの「生きる力」という理念を提唱してきた。「人間力」とは、この理念をさらに発展させ、具体化したものとしてとらえることができる

 

すなわち、人間力も生きる力も本質的には同じものであるということができるでしょう。

両者の関係性をより詳細に理解するために、人間力と生きる力、それぞれの構成要素を比較してみようと思います。

以下の表では、上段に生きる力の構成要素を、下段に人間力の構成要素をそれぞれ対応させながら配置してみました。

それによると、生きる力における健康や体力に対応する要素が見られないことから、人間力では特に心理的・社会的な能力に焦点が当てられているということができるでしょう。

 

確かな学力 豊かな人間性 健康や体力
知的能力的要素 社会・対人関係力的要素

自己制御的要素

 

ここでさらに言及すれば、このサイトのタイトルにあるライフスキルは、人間力と同じく心理的、社会的な多数の能力から構成され、生きる力に極めて類似した概念であると考えられています。

すなわち、人間力と生きる力、そして、ライフスキルは、能力としての本質は同じであると理解することができるでしょう。

能力が語られる分野や能力の獲得を促す対象者の年代によって、実際に言及される名称は異なるという形です。

具体的には、教育行政の分野では人間力や生きる力の名称が、学術的な研究の分野ではライフスキルという名称がそれぞれ使用されます。

能力の獲得を促す際には、学校教育を受ける年代には生きる力やライフスキルが、社会の一員として自立した個人に対しては人間力という名称がそれぞれ使用される感じです。

 

 

スポンサーリンク

人間力へのイメージをさらに膨らませる

 

ここまでの説明から、人間力は以下の3つの要素から構成されること、さらに生きる力やライフスキルと本質的には同じ能力であることを述べてきました。

  •  知的能力的要素
  •  社会・対人関係力的要素
  •  自己制御的要素

 

ではここで、ライフスキルにおける多数の構成要素を人間力のそれに当てはめることで、人間力に対するイメージをさらに膨らませてみたいと思います。

 

 

このサイトでは以下の10の構成要素からライフスキルをとらえています。


  •  目標を設定するスキル
  •  自ら考える力
  •  最善の努力
  •  失敗の挽回力
  •  コミュニケーションスキル
  •  礼儀・マナー
  •  感謝する心
  •  謙虚な心
  •  ストレスマネジメントスキル
  •  体調管理スキル

 

◆―関連記事―◆
ライフスキルとは|WHOが提唱する10の教育目標の意味を徹底解説

 

これらを、人間力戦略研究会の報告書における記述を参考に、人間力の3要素に対応させた結果が以下の表になります。上段が人間力の構成要素です。

 

知的能力的要素 社会・対人関係力的要素 自己制御的要素
  • 自ら考える力
  •  コミュニケーションスキル
  •  礼儀・マナー
  •  感謝する心
  • 目標を設定するスキル
  • 最善の努力
  • 失敗の挽回力
  • 謙虚な心

 

なお、人間力の3要素に対応する各々の側面は、それぞれ数量的にその能力レベルを評価することが可能です。例えば、自ら考える力は以下の4つの質問項目から評価することができます。

  • 問題や課題への解決方法を、自分自身で見出すことができる
  • あれこれ指示を受けなくても、次にどうすればよいか考えることができる
  • 成功や失敗の原因を自分なりに分析してみることができる
  • 周囲の人の考えをもとに、自分なりの答えを導き出すことができる

◆―関連記事―◆
『考える力がない』を卒業する14の方法|思考力ゼロは単なる思い込み!?

 

個々の質問項目が自身に当てはまる程度を、1(ぜんぜん当てはまらない)~4(とても当てはまる)の4段階で自己評価します。その合計得点があなたの考える力の評価となります。

最終的に、3要素すべての能力レベルを数値化することで、自らの人間力の現状をより正確に理解していくことができるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

人間力はどうすれば高めることができるのか?

 

人間力の3つの要素にちりばめられた各能力は、一つひとつが独立して機能しているわけではなく、実は相互に関連し合っているといえます。

このことは、中核となる能力を高めていくことによって、その効果は他の能力にも派生していくことが期待されます。

では、中核となる能力とはいったいどれなのか?その一つは自己制御的要素における目標を設定するスキルとなります。

私たちは自らが達成したいと強く望む目標を適切な形で設定することで、その目標達成に向けて意欲的に活動しはじめます。

 

 

例えば、次のような流れで人間力全体をバランス良く高めていくことができるのではないでしょうか。

  1.  自らが達成を望む目標を設定する
  2.  目標を達成するための方法を自ら考える
  3.  目標の達成に向けて最善の努力を払おうとする
  4.  努力の過程で失敗をしても挽回しようとする
  5.  現状と目標とするレベルとの差から謙虚に振る舞える
  6.  目標達成につながる支援を周囲から得ることができる
  7.  他者へ感謝する心が形成される
  8.  他者への礼儀・マナーが身につく

 

そして、そのためには起点に位置づく『目標の設定』を、適切な方で行うことが重要となります。

一方で、『目標設定は技能である』ともいわれますので、当然、そこには数多くのコツや必要な考え方というものがあります。

もしあなたが目標設定を苦手としているのならば、それら目標設定におけるコツや考え方が、あなたの立てた目標に正しく反映されていない可能性があります。

 

このサイト『しまらぼ』では、目標設定のスキルに関する情報を多数発信しています。興味・関心がある方は、以下のまとめ記事にアクセスしてみてください。

◆―関連記事―◆
目標設定における『コツ』の多くは登山が教えてくれる【まとめ記事】

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は人間の成長を表す言葉である人間力について説明を行いました。

人間力は知的能力的要素社会・対人関係力的要素、そして、自己制御的要素から構成されること、生きる力やライフスキルとは能力としての本質は同じであることを述べました。

また、人間力を高めるための方法の一つは、自分らしい生き方や成功を指し示す目標を設定し、その達成に向けて、生活全般にわたり意欲的に活動していくことであると述べました。

人間力を高めていくためには、その力に関する知識を得るだけではなく、人間力を構成する各要素そのものを繰り返し実践していく必要があるでしょう。

そして、そのような活発な姿を強力に促してくれるものが目標であると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました